カプセル状の薬

喘息患者なら必携

水の入ったコップと薬

みなさまは喘息という病気をご存知でしょうか。自分が発症しているわけではなくても、親戚や小学校の時のクラスメイトなど、身近なところで喘息持ちの人を見たことがあるという方が多いのではないかと思います。
実は喘息の患者数はどんどん増加傾向にあります。1960年代は大人子供ともに喘息の罹患率は1%だったのですが、現在は子供で6%、大人でも3%になっており、患者の総数でいえば400万人以上が存在するといわれています。
ここまで増加してきたのは、車の排ガスなどの大気汚染が深刻になってきたことが原因だと考えられています。PM2.5などの影響も深刻だと考えられているので、喘息の患者は今後もどんどん増えていくことが予想されます。
タバコによる気管支への負担や、仕事のストレスによって成人してから発症してしまうこともありますので、大人も子供も気を付けなければならない病なのです。

喘息の発作は呼吸が困難になり、強い苦痛が伴います。発作が起きたときの苦しみを軽減するためにも、喘息をお持ちの方はアスタリンインヘラーを常に持っておくのがオススメです。
アスタリンインヘラーは大人から子供まで使える吸入薬のことで、発作の苦しみを軽減してくれます。アスタリンインヘラーを持っているかどうかで喘息との付き合い方も大きく変わってきますので、喘息を発症してしまった方は必ずアスタリンインヘラーを持っておきましょう。
アスタリンインヘラーは日本ではあまりメジャーな薬ではないので、知らない方がほとんどかと思います。当サイトではアスタリンインヘラーの使い方や購入方法、注意すべき副作用についても紹介していきます。
このサイトを読めばアスタリンインヘラーを安全に使うことができますので、喘息の方は必ず読んでおいてくださいね。

いつでも使える薬

瓶から出ている薬

アスタリンインヘラーは気管支を拡張することによって呼吸を楽にしてくれる薬です。吸入タイプの薬なので即効性が高く、どなたでも利用しやすいので、非常にオススメの薬だといえます。

詳細はこちら

使い方について

束になっている薬が入ったシート

アスタリンインヘラーは普通の吸入器と同じ使い方なのですが、吸入器を使ったことのない方は混乱する可能性がありますので、使用方法を確かめておきましょう。また、使用の際は用法用量にも気を付けましょう。

詳細はこちら

副作用について

薬を手渡す男性

アスタリンインヘラーは副作用が少ない薬ですが、ごくまれに軽微な副作用があらわれることもあります。また、過度の使用により重大な症状が現れる場合もありますので、必ず容量は守りましょう。

詳細はこちら

薬事法について

白い薬

アスタリンインヘラーは日本で製造販売はされていないので、海外から個人輸入する必要があります。海外から輸入するというのは特殊な方法なので、薬事法について簡単に知っておきましょう。

この記事の詳細を読む

購入の際に気を付けること

カレンダーと薬

アスタリンインヘラーを購入する際には個人輸入ならではのことにも気を付けなければなりません。面倒ではありますが、避けては通れない内容なので、かならず覚えておきましょう。

この記事の詳細を読む